ギャラリー


府中の市民団体「アベNO!府中実行委員会」の方から、絵本を使った活動の様子をご報告いただきました。「路上で見てもらうには小さいので、A3の大きさに拡大コピーをして、紙芝居の形にしました」とのことです!
京都市美術館の「新美2016会員展」に出品された書道作品(山田泰子さん・書)です。「あしたのための声明書」を書いていただきました。 滋賀県の「高島市九条の会」より「あしたのための声明書」の豆本のデータを送っていただきました。A4用紙1枚に全8ページをこのように印刷していただき、こちらの説明書を参考に、お作りいただけます。
あしたのための声明書

私たち「自由と平和のための京大有志の会」は、1年前のあの暑い夏、路上にあふれ出した、たくさんの人びとの息づかいを、今こそ思い起こす必要があると感じています。

安保関連法制の強行採決後に公表した「あしたのための声明書」について、『朝日新聞』で「安保法忘れない/成立後の京大有志声明、いまも朗読続く」(http://www.asahi.com/articles/ASJ5Z4GNFJ5ZPTIL00X.html)として取り上げてもらいました。

これを機会に「あしたのための声明書」を心に残る画像と組み合わせたビデオクリップ(2分半程度)を作成しました。ぜひご覧ください。

(このビデオクリップの再配布は自由です。ただし、改変はお控えください。ビデオクリップで用いている写真は、使用許諾をえたもの、または著作権フリーのサイトのものです。)

Posted by 自由と平和のための京大有志の会 on Tuesday, June 21, 2016

京大生が自ら意図しないまま選挙権を無駄にすることになってしまわないように、選挙への備えを呼びかけるポスターを作成しました。こちらからダウンロードできます。 Facebook当HPにて公開した「あしたのための声明書」のビデオクリップです。再配布は自由です(ダウンロードはこちらから)。ただし、改変はお控えください。
2016年2月20日から24日まで多摩市で開催された第28回文庫展で、壁一面に貼られたこども訳の声明書。書家が縦書きに書いてギャラリーの壁に貼り、5日間で約2000人以上の来場者があったとのこと。 滋賀のウクレレ楽隊「キペルス・パピルス」の岸田知之さんの作詞作曲の「まつろわぬもの」2015年12月20日に三井寺で開催された「プチ・アースデイしが」での有志の会発起人藤原をまじえたトークセッションがきっかけとなって生まれた曲です。演奏は2016年4月19日です。歌詞はこちらをご覧ください。
この「わたしのやめて」のポスターは、普段、北千里にある大阪YWCAシャロン千里の「こども館」(児童館)に掲示されています(西村由紀子作成)。放課後、小学生が声に出して読むこともあるそうです。 2016年3月18日に、神戸YWCAの勉強会で「ことば工房」のお二人によって読み上げられた「自由と平和のための京大有志の会」の声明書とそのこども訳です。
声明書」が曲になりました。楽譜はこちらからダウンロードできます。 あしたのための声明書」こども訳「あしたが まっている」が曲になりました。
9月1日の「安保法制」反対集会で演奏された「声明書」楽曲版「本当の自由のために」の楽譜です。 京都市美術館の「新美2015公募展」に出品された書道作品(本澤昌子さん・書)です。「声明書」を書いていただきました。
8月22日の「ひろば」に来られた詩人、里みちこさんより、そのときにしたためられた二編の詩が届きました。
9月1日の「安保法制」反対集会で、来場された皆さまと一緒に掲げたプラカードのデザインです。
百万遍に出現した、「声明書」全文を載せた立て看板の原画画像です。出現当時のツイートはこちら 西部講堂で行われました「安保法制」反対集会のフライヤーです。
ポストカードになる予定です。(Designed by Atsuko Ishii