ひろば 永井和さんの講座


この勉強会は、京都大学の学生・教職員だけでなく、市民にも開かれた「ひろば」として開催されます。

新しい戦争に向けての準備を進めることと、かつての戦争における犯罪的な行為を認めず、言い逃れをしようとすることは、背中合わせの出来事です。日本軍「慰安婦」問題をめぐる『朝日新聞』の報道が政府機関によるあからさまなバッシングの対象とされて、大手メディアがほとんど沈黙させられた状況だからこそ、京都大学発で問い直します。

講師の永井和氏は、軍事史にも精通した歴史家として「慰安婦」問題に関する実証的な調査研究を積み重ねられた方です。「有志の会」では、永井氏をお招きして、現在の状況のなかで「慰安婦」問題を考えるポイントなどをお話いただく勉強会を開催します。多くのみなさんのご参加をお待ちしています!

日時:2015年 9月29日(火)17:30~19:00
会場:京都大学 吉田本部構内 文学部校舎 第1・2講義室
テーマ:「慰安婦」問題―破綻した「日本軍無実論」
講師:永井和氏(京都大学文学研究科教授)
入場無料・予約不要