ひろば「ヘイトスピーチ×民主主義―本格化する日本の難民バッシングを前に」


この勉強会は、京都大学の学生・教職員だけでなく、市民にも開かれた「ひろば」として開催されます。

日時:2015年12月21日(月)18:15から
報告者:梁英聖(反レイシズム情報センター(ARIC)
コメント:駒込武(教育学研究科教授)
会場:京都大学文学部第1講義
共催:反レイシズム情報センター(ARIC)関西・自由と平和のための京大有志の会

いま日本各地では、笑いながら「朝鮮人を殺せ」などと叫ぶ、異常なヘイトスピーチ(差別煽動)が頻発しています。それは攻撃対象を在日コリアン以外にも拡散させ続け、遂にシリアはじめとする外国からの難民への攻撃にまで発展しつつあります。

「安保法制」が強行採決されてしまう今日、醜悪なヘイトスピーチの頻発は日本の民主主義にとってどのような意味を持つのでしょうか?

今回は民主主義の危機について、頻発するヘイトスピーチの実態とその主なターゲットになっている在日コリアンへのレイシズム(民族差別)から考えてみたいと思います。

中心的に取り上げるのは特に悪質な「在日特権」デマと、そこで主な攻撃に晒されている「特別永住」です。実は「在日特権」攻撃を行っているのはレイシストだけではありません。橋下徹大阪市長はじめ著名な右派議員・政党・知識人まで「特権」の見直しや廃止を公言し、少なからぬ支持を集めてきました。ヘイトスピーチとしての「在日特権」をきちんと批判できるよう、それがありもしないデマであるだけでなく、「特別永住」がどのような歴史的経緯・内容を持っているかきちんと理解する機会にしたいと思います。

今回のイベントは、反レイシズム情報センター(ARIC)関西と自由と平和のための京大有志の会との共催企画となります。