【2部構成になりました】学術研究をかんがえるシンポジウム「軍事研究とわたしたち ―どのように向かい合うべきか?―」


11月26日(日)13:00-17:00、京都大学 人間・環境学研究科棟 地下大講義室(京大吉田南キャンパス内・吉田南総合図書館西隣・地下一階)にて、学術研究をかんがえるシンポジウム「軍事研究とわたしたち ―どのように向かい合うべきか?―」が開催されます。第1部 13:00-15:00 公開シンポジウム:尾池和夫氏(京都造形芸術大学学長・元京都大学総長)、井野瀬久美恵氏(甲南大学文学部教授・前日本学術会議副会長)。第2部 15:00-17:00 フィルム&トーク:「博士の異常な愛情」(スタンリー・キューブリック監督、1963年制作)、パフォーマンス:田所大輔(ピアノなど)+竹内祥訓(映像)。事前予約不要・無料。ぜひ、お越しください。

学術研究をかんがえるシンポジウム「軍事研究とわたしたち ―どのように向かい合うべきか?―」 日程:11/26(日)
場所:京都大学人間・環境学研究科棟地下大講義室
(京大吉田南キャンパス内・吉田南総合図書館西隣・地下一階)
チラシの裏面に地図がございますのでご参照くださいませ。

  • 第1部 13:00-15:00:公開シンポジウム
    尾池和夫氏(京都造形芸術大学学長・元京都大学総長)
    井野瀬久美恵氏(甲南大学文学部教授・前日本学術会議副会長)
    共催:京都大学職員組合
  • 第2部 15:00-17:00:フィルム&トーク/パフォーマンス
    「博士の異常な愛情」
    (スタンリー・キューブリック監督、1963年制作)
    田所大輔(ピアノなど)+竹内祥訓(映像)

主催:自由と平和のための京大有志の会

シンポジウムという形態ですが、学園祭での開催ということでどこか楽し気な企画にしたい。そのために、映画上映でゆったり考えたり、少し音楽のライブなども入れたりで、間口を広げることを考えました。大学の現場でのフィルム&トーク的な上映会は、学問的な課題を考え感じながら見る経験となります。