本当は怖い自民党改憲草案(法律文化社)


本当は怖い自民党改憲草案」が法律文化社より出版されます。「安保法制反対集会」「ひろば 日本国憲法と平和主義―著者が語る『憲法9条の思想水脈』」「2016年の論点」…とさまざまな場でご登壇いただいた山室信一先生が第1章「ナショナリズム」、自由と平和のための京大有志の会からは発起人の藤原辰史が第2章「戦争」を執筆しております。ぜひ、ご一読ください。

もしも改憲が実現したら!?戦争・精神的自由など7つのテーマにつき、未来の日本をシミュレーション。コラムとオピニオンも収録。

本当は怖い自民党改憲草案
  • はじめに 伊地知紀子(大阪市立大学)
  • 第1章 ナショナリズム 山室信一(京都大学)
  • 第2章 戦争 藤原辰史(京都大学)
  • 第3章 表現・思想・信仰 中村一成(フリージャーナリスト)
  • 第4章 教 育 西垣順子(大阪市立大学)
  • 第5章 家族 弘川欣絵(弁護士)
  • 第6章 福祉 西澤晃彦(神戸大学)
  • 第7章 国政 石川康宏(神戸女学院大学)
  • あとがき 新ヶ江章友(大阪市立大学)

*コラム「もしも、憲法がかわったら……」

  1. 内田樹(神戸女学院大学)
  2. 香山リカ(立教大学)
  3. その他補足コラム