映画「『知事抹殺』の真実」上映会とトーク

映画「『知事抹殺』の真実」上映会とトーク

  • 71
    シェア

7月28日(土)13:00~17:00(開場12:45)、龍谷大学アバンティ響都ホール(京都駅八条口直結「アバンティ」9F)にて、映画「『知事抹殺』の真実」上映会とトーク~共謀罪廃止を考える集い~が開催されます。総合司会:藤原辰史(京都大学准教授)、開会挨拶: 清川紘二(沖縄の「基地と行政」を考える大学人・研究者の会共同代表)。参加費:1,000円。プログラム等詳細は、こちらをご覧くださいませ。

佐藤栄佐久氏は、東京大学法学部を卒業後、参議院議員、大蔵政務次官を経て、1988 年に福島県知事に選出されました。東京一極集中に異議を唱え、原発問題でも闘う知事として、5 期18 年にわたって知事職を務めました。しかし、2006 年、官製談合事件で知事を辞任、その後逮捕されます。2009 年10 月1審に続き2審でも有罪となりましたが、そのとき「収賄額ゼロ円」という前代未聞の認定がなされました。2012 年10 月上告棄却、有罪が確定しました。三・一一以後は、脱原発社会の実現を目指し、精力的に執筆講演活動を続けておられます。

この会では、「知事抹殺」を描いた記録映画を鑑賞後、元知事ご本人に、「原子力帝国」としての日本の実像を、著書『日本劣化の正体』の内容を中心にお話しいただきます。その後、現在、共謀罪や公文書管理の問題など、メディアで積極的な発言を続けておられる三宅弘弁護士(内閣府・国民生活審議会委員、日本弁護士連合会副会長を歴任)にスノーデン・ショック後の監視社会および森友加計学園問題に見られる公文書管理の劣化、さらに、池子弾薬庫跡地への米軍用住宅建設を押し進める日本政府と住民の支持のもと対決した元逗子市長富野暉一郎氏(現在、福知山公立大学の副学長)には、日本の地方自治の現状と展望に関する報告をいただきます。監視社会の到来、政治の劣化、地方自治の軽視。この会では、これらを包括的にとらえ、打ち破る方策について考えたいと思います。

小さなお子さん連れも大歓迎です。お誘いあわせのうえ、ぜひ、お越しください!