第1回人骨問題を考える連続学習会@京都大学

第1回人骨問題を考える連続学習会@京都大学

5/9(木)18:30~20:30、京都大学文学部第3講義室にて、第1回人骨問題を考える連続学習会@京都大学が開催されます。第1回報告:松島泰勝(龍谷大学教授)「琉球併合140年の今、学知の植民地主義を問う―琉球人遺骨は誰のものか」。応答:松田素二(京都大学)・冨山一郎(同志社大学教授)。司会:駒込武(京都大学教授)。入場無料・事前登録不要。