ひろば 本を読む会「緊急事態条項はあぶない!―歴史から何を学ぶか」


この勉強会は、京都大学の学生・教職員だけでなく、市民にも開かれた「ひろば」として開催されます。

衆議院選挙の結果をうけて、憲法改正に向けての議論が本格化することが予想されます。9条をはじめとしてさまざまな論点がありますが、毎日新聞のアンケートによれば、さきの衆議院選で当選した議員の68%が導入に賛成しているのが、「緊急事態条項」です。

いまから4年前、2013年7月に、副総理の麻生太郎氏は、「憲法は、ある日気付いたら、ワイマール憲法がいつの間にか変わっていて、ナチス憲法に変わっていたんですよ。…あの手口学んだらどうかね」と演説で語りました。その年の12月に特定秘密保護法が成立し、さらに2015年に安保法制、2017年に共謀罪が成立しました。これらの法案をめぐる国会審議では、政府側から十分な説明がなされぬままに、採決の強行が繰り返されてきました。さきの衆議院選挙も、野党側からの臨時国会開催の要求を無視して、国会の冒頭に内閣の権限で衆議院を解散して行われた点で、憲法解釈上、問題のあるものでした。さらにいま、自民党は、国会の質問時間を与党側に有利な配分にするように要求しています。これは、議院内閣制の原則を踏みはずした暴論であり、このようなやり方を認めれば国会のチェック機能はいちじるしく低下するでしょう。

このような国会の形骸化と緊急事態条項の導入こそ麻生氏が勧める「手口」ではないのか――今回の「ひろば」では、憲法学者と歴史学者が、歴史をふまえて、この条項の危うさを語った本をとりあげます。

ひろば 本を読む会 「緊急事態条項はあぶない!―歴史から何を学ぶか」 日時:2017年12月19日(火)19:00~21:00
会場:京都大学文学部第2講義室
キャンパスマップ:
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
(本部構内の5番と8番のあいだの建物の1階です。)
テキスト:長谷部恭男・石田勇治『ナチスの「手口」と緊急事態条項』、集英社新書、2017年8月
参加される方は、各自でご用意ください。

講師はたてず、専門家はいない、という前提で、各自が自分の読み方にもとづいて、感じたこと、思ったこと、考えたことを述べ合い、互いに耳をかたむけ合う、そんな集まりです。

すでに「ひろば」を体験された方も、はじめての方も、どうぞご遠慮なくご参加ください。

講演会「これからの日本、これからの教育」


12月13日(水)18:30~20:30、キャンパスプラザ京都第二講義室(4F)チラシの「第一講義室(5F)」から変更になりました)にて、講演会「これからの日本、これからの教育」が開催されます。講演:前川喜平(前文部科学事務次官)。自由と平和のための京大有志の会も賛同団体として参加しています。ぜひ、お越しください。

7.14京都の大学人と市民との集い「憲法と民主主義の破壊に抗して―市民社会と連帯する京都の大学人―」 日時:12月13日(水)18:30~20:30
場所:キャンパスプラザ京都第一講義室(5F)
講演:前川喜平(前文部科学事務次官)
参加費:500円(院生含む学生、障がい者、生活困窮者は無料)
参考文献:

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/1695640437165705/

学術研究をかんがえるシンポジウム「軍事研究とわたしたち ―どのように向かい合うべきか?―」動画


11月26日(日)13:00-17:00、京都大学 人間・環境学研究科棟 地下大講義室(京大吉田南キャンパス内・吉田南総合図書館西隣・地下一階)にて開催されました、学術研究をかんがえるシンポジウム「軍事研究とわたしたち ―どのように向かい合うべきか?―」の動画をアップしました。当日ご来場いただけなかった方も、ぜひご覧ください。

安倍9条改憲NO!左京市民アクション結成のつどい「みんなで『憲法』の魅力を読みとく」


12月12日(火)19:00~、京大文学部新棟2階・第3講義室にて、安倍9条改憲NO!左京市民アクション結成のつどい「みんなで『憲法』の魅力を読みとく」が開催されます。記念講演:福山和人弁護士。有志の会からは発起人の岡田直紀がスピーチをします。ぜひ、お越しください。

安倍9条改憲NO!左京市民アクション結成のつどい「みんなで『憲法』の魅力を読みとく」 日時・場所:12月12日(火)19:00~・京大文学部新棟2階・第3講義室
講演:福山和人弁護士
スピーチ:
石田紀郎(戦争をさせない左京1000人委員会)・岡田直紀(自由と平和のための京大有志の会)・川上裕光(戦争法廃止を求める左京の会)
主催:
安倍9条改憲N0!左京市民アクション準備会/憲法9条の会左京連絡会、自由と平和のための京大有志の会、戦争をさせない左京1000人委員会、戦争法廃止を求める左京の会

「憲法改正」の国民投票があったら、あなたはどうしますか?そもそも「憲法」って、学校で少し習っただけで自分たちの生活とどれほど影響があるなんてわからない・・・。9条を変えたら徴兵制というツイッターの情報を見たことがあるけど、まさかそこまで…。戦後 70 年にわたり平和と繁栄をもたらした「憲法9条」を入り口に、そもそも憲法の役割や魅力に迫ってみたいと思います。その上で、安倍首相が進める「改憲」についてご一緒に考える場にできれば幸いです。

講演会「国連特別報告者と日本」


12月5日(火)18:30-20:30、京都大学本部キャンパス法経本館(時計台北隣の建物)東ウイング2階 第六教室にて、講演会「国連特別報告者と日本」が開催されます。講師:藤田早苗(エセックス大学人権センターフェロー)、コメンテーター:小山哲(京都大学大学院文学研究科教授・西洋史)、主催・司会:髙山佳奈子(京都大学大学院法学研究科教授)。ぜひ、お越しください。

講演会「国連特別報告者と日本」 日時:12月5日(火)18:30-20:30
場所:京都大学本部キャンパス法経本館(時計台北隣の建物)東ウイング2階 第六教室
参加費:無料・申込み不要
講師:藤田早苗(エセックス大学人権センターフェロー)
コメンテーター:小山哲(京都大学大学院文学研究科教授・西洋史)
主催・司会:髙山佳奈子(京都大学大学院法学研究科教授)

【2部構成になりました】学術研究をかんがえるシンポジウム「軍事研究とわたしたち ―どのように向かい合うべきか?―」


11月26日(日)13:00-17:00、京都大学 人間・環境学研究科棟 地下大講義室(京大吉田南キャンパス内・吉田南総合図書館西隣・地下一階)にて、学術研究をかんがえるシンポジウム「軍事研究とわたしたち ―どのように向かい合うべきか?―」が開催されます。第1部 13:00-15:00 公開シンポジウム:尾池和夫氏(京都造形芸術大学学長・元京都大学総長)、井野瀬久美恵氏(甲南大学文学部教授・前日本学術会議副会長)。第2部 15:00-17:00 フィルム&トーク:「博士の異常な愛情」(スタンリー・キューブリック監督、1963年制作)、パフォーマンス:田所大輔(ピアノなど)+竹内祥訓(映像)。事前予約不要・無料。ぜひ、お越しください。

学術研究をかんがえるシンポジウム「軍事研究とわたしたち ―どのように向かい合うべきか?―」 日程:11/26(日)
場所:京都大学人間・環境学研究科棟地下大講義室
(京大吉田南キャンパス内・吉田南総合図書館西隣・地下一階)
チラシの裏面に地図がございますのでご参照くださいませ。

  • 第1部 13:00-15:00:公開シンポジウム
    尾池和夫氏(京都造形芸術大学学長・元京都大学総長)
    井野瀬久美恵氏(甲南大学文学部教授・前日本学術会議副会長)
    共催:京都大学職員組合
  • 第2部 15:00-17:00:フィルム&トーク/パフォーマンス
    「博士の異常な愛情」
    (スタンリー・キューブリック監督、1963年制作)
    田所大輔(ピアノなど)+竹内祥訓(映像)

主催:自由と平和のための京大有志の会

シンポジウムという形態ですが、学園祭での開催ということでどこか楽し気な企画にしたい。そのために、映画上映でゆったり考えたり、少し音楽のライブなども入れたりで、間口を広げることを考えました。大学の現場でのフィルム&トーク的な上映会は、学問的な課題を考え感じながら見る経験となります。

学術研究をかんがえるシンポジウム「軍事研究とわたしたち ―どのように向かい合うべきか?―」


11月26日(日)13:00-15:00、京都大学 人間・環境学研究科棟 地下大講義室(京大吉田南キャンパス内・吉田南総合図書館西隣・地下一階)にて、学術研究をかんがえるシンポジウム「軍事研究とわたしたち ―どのように向かい合うべきか?―」が開催されます。講演:尾池和夫氏(京都造形芸術大学学長・元京都大学総長)、井野瀬久美恵氏(甲南大学文学部教授・前日本学術会議副会長)。事前予約不要・無料。ぜひ、お越しください。

学術研究をかんがえるシンポジウム「軍事研究とわたしたち ―どのように向かい合うべきか?―」 日時:11/26(日)13:00-15:00
場所:京都大学人間・環境学研究科棟地下大講義室
(京大吉田南キャンパス内・吉田南総合図書館西隣・地下一階)
チラシの裏面に地図がございますのでご参照くださいませ。
講演:

  • 尾池和夫氏(京都造形芸術大学学長・元京都大学総長)
  • 井野瀬久美恵氏(甲南大学文学部教授・前日本学術会議副会長)

主催:自由と平和のための京大有志の会
共催:京都大学職員組合
Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/877031045808063/

今年3月 、日本学術会議は「軍事的安全保障研究に関する声明」を幹事会で採択し、「戦争を目的とする科学の研究は絶対にこれを行わない」という従来の声朋を継承する姿勢を明らかにしました。また、研究の自主性・自律性・研究成果の公開性を重視する観点から、軍事的安全保障研究(軍事的な手段による国家の安全保障にかかわる研究)の万向や秘密の保持をめぐって、政府による介入が強まることへの懸念を表明しました。

では、それぞれの大学では具体的にどのように対応すればよいのか。「軍事研究」とはなにか。

そもそも研究者や大学の「社会的貢献」とはどのように考えるベきことであり、それは研究の自主性・自律性という要請とどのように連関しているのか。
これらすベてのことをふまえた上で、各大学で具体的にどのような審査制度を構築していくことが望ましいのか。
研究者と学生・院生と市民の方々が混じり合う学園祭という場を借りて、考えてみたいと思います。

フィルムレクチャー「研究と知と情報空間の戦争『スノーデン』で考える」


10月20日(金)18:30~(18:15開場)、京都大学人文科学研究所本館(総合研究4号館)1階・共通一講義室にて、フィルムレクチャー「研究と知と情報空間の戦争『スノーデン』で考える」が開催されます。ぜひ、お越しください。

分科会応援市民イベント「『スノーデン』上映会」 日時:10月20日(金)18:30~(18:15開場)
会場:京都大学人文科学研究所本館(総合研究4号館)1階・共通一講義室
予約不要・先着順/無料
主催:自由と平和のための京大有志の会

研究によって獲得される専門的な知が、異なる角度から眺めれば、全く違う意味と価値を持った情報=武器になることがあります。知っていること、それは実は既に力である――哲学者ミシェル・フーコーはそのことを警告し続けました。

「権力とは、言説をとおして作用を及ぼす何物かなのです」「権力をめぐる対話」

いままでになく「知=情報=力」という図式が可視的になりつつある現在、私たちは自らの「知」が何物か、それを知っているのでしょうか?自らが何を知っているのか、それを本当に理解し、考えることが出来ているのでしょうか?

自らに与えられた役割の中で「知ってしまったこと」と向き合い、一人の人間として考え、そうして生まれた国も愛する人々も手放した人物が実在します。彼の体験、その思考と葛藤がいかなる「権力の網」の渦中に自らを投げ込む運命を選ばせたのか。名手オリバー・ストーンが世界の「いま」に立ち向かいながら作りあげた134分に及ぶ力作、映画『スノーデン』を通してともに考えたいと思います。

緊急企画 ひろば「森友・加計学園が問いかけるもの」


この勉強会は、京都大学の学生・教職員だけでなく、市民にも開かれた「ひろば」として開催されます。

衆議院が解散し、報道も選挙モード一色となってきました。自由と平和のための京大有志の会では、緊急企画として、森友・加計学園問題をテーマに今日における政治について少し紐解いてみる勉強会を行うこととしました。どなたでも参加できる勉強会です。ふるってご参加下さい。

発表資料をアップしました。各講演タイトルのリンクからダウンロードできます。

緊急企画 ひろば「森友・加計学園が問いかけるもの」 日時:10月18日(水)18:30~20:30
会場:京都大学 文学部新館2階 第3講義室MAP
本部構内の5番と8番のあいだの建物の2階です。

  • 池内 了(総合研究大学院大学 名誉教授)
    「加計問題が孕む軍事研究-石破4条件と加戸文書から-」
    安倍政権は、加計学園を獣医師養成という名目で特別扱いしたといわれていますが、それとともに、さらに感染症対策(危機管理)や生物兵器対策のための拠点とする意図が潜んでいることを、石破4条件と加戸守行文書を材料に考えたいと思います。
  • 駒込 武(京都大学大学院教育学研究科 教授)
    「森友学園問題と教育勅語-『教育再生から日本再生へ』?-」
    森友学園の経営する塚本幼稚園の子どもたちが暗唱していたおかげで、一挙に有名になった教育勅語。いまから130年近く前につくられた道徳的な教訓がなぜいま登場するのでしょうか?そもそも教育勅語とはどのようなものであり、その何が問題なのでしょうか?ニッポン、スゴイ!を強調する「教育再生」という動きとの関連の中で考えてみたいと思います。

子どもと自然パート7「子どもと菌と戦争史2」


10月15日(日)13:30~16:30、アゴラ子ども美術工場(〒436-0008 静岡県掛川市千羽1679)にて、子どもと自然パート7「子どもと菌と戦争史2」が開催されます。そこで、有志の会から発起人の藤原辰史が、小児科医の山田真さんと講演と対談をします。また、ゲストに翻訳家で児童文学者の清水眞砂子さんをお迎えします。ぜひ、お越しください。

“自然とこども”パート3『子どもと菌と戦争史』 日時:10月15日(日)13:30~16:30
場所:アゴラ子ども美術工場(〒436-0008 静岡県掛川市千羽1679)
講演と対談:山田真(小児科医)+藤原辰史(農業史)
ゲスト:清水眞砂子(翻訳家・児童文学者)
主催:アゴラ子ども美術工場 / 共催:“KAMEの翼”プロジェクト
参加費:2,000円
※定員50名・参加希望の方は事前にご連絡をお願いいたします。
TEL:0537-27-1428または090-6351-6633
Email:agorakodomo2@gmail.com
関連ブログ:

第1回靖国連続学習会「『教育勅語』の何が問題なのか―ヘイト・スピーチとのかかわりから考える」


9月29日(金)18:30~、エル大阪606号室にて、第1回靖国連続学習会「『教育勅語』の何が問題なのか―ヘイト・スピーチとのかかわりから考える」が開催されます。そこで、有志の会から発起人の駒込武が講演をします。ぜひ、お越しください。

第1回靖国連続学習会「『教育勅語』の何が問題なのか―ヘイト・スピーチとのかかわりから考える」 日時:9月29日(金)18:30~
場所:エル大阪606号室(地下鉄/京阪・天満橋下車西へ300m)
講演:駒込武(京都大学教員・教育学)
参加費:500円

(案内チラシより)
教育勅語、「一旦緩急アレバ」という表現が軍国主義的であるというにとどまらず、テキストの全体的な構造と「奉戴」のしくみを考えれば、むしろ「私、日本人でよかった」という趣旨のメッセージを発していることこそ根本的な問題なのではないだろうか!台湾現代史、特に植民地における教育政策を研究される駒込武さんによる「教育勅語」をめぐる問題提起です。ぜひご参加ください。

記念講演「安倍改憲政治とどう闘うか」


9月10日(日)13:30~15:30、立命館大学末川記念会館MAP)にて、衣笠・金閣9条の会総会が開催されます。そこで、有志の会から発起人の藤原辰史が「安倍改憲政治とどう闘うか」と題した記念講演を行います。ぜひ、お越しください。

記念講演「安倍改憲政治とどう闘うか」

日時:9月10日(日)13:30~15:30
会場:立命館大学末川記念会館MAP
記念講演:「安倍改憲政治とどう闘うか」
講演者:藤原辰史(京都大学人文科学研究所准教授)
タイムテーブル

  • 記念講演:13:35 ~ 14:35
  • 質疑応答:14:35 ~ 14:45
  • 総  会:15:00 ~ 15:30

左京革新懇連続学習会「軍事研究と大学」


7月31日(月)18:00~20:00、あすかいホッとスペースにて、左京革新懇連続学習会「軍事研究と大学」が開催されます。そこで、有志の会から発起人の岡田直紀が講演をします。ぜひ、お越しください。

左京革新懇連続学習会「軍事研究と大学」 日時:7月31日(月)18時~20時
場所:あすかいホッとスペース
講演:岡田直紀(京都大学大学院地球環境学堂准教授)
主催:左京革新懇(平和と民主主義をすすめる左京懇談会)
連絡先:
板東利博(Email:tosibando@yahoo.co.jp/tel:080-3796-0311)

安倍政権下、大学に対して軍事研究への関与を深めさせる動きが強まる中、「日本学術会議」の動向が注目されていましたが、2017年4月堂々と、大学での軍事研究を否定する声明を出しました。大学での研究費の捻出の苦労と、その苦労に乗じて今かけられる政治的思惑など、大学研究者(理系)ならではのお話を聴いて考えあいたいと思います。

第17回左京フォーラム「安倍改憲案とわたしたちの平和構想―9条論の再創造―」


7月30日(日)14:00~16:00、京都大学人文科学研究所本館4階大会議室にて、第17回左京フォーラム「安倍改憲案とわたしたちの平和構想 9条論の再創造」が開催されます。講師:君島東彦(立命館大学教授(憲法、日本平和学会会長))。ぜひ、お越しください。

第17回左京フォーラム「安倍改憲案とわたしたちの平和構想 9条論の再創造」 日時:7月30日(日)14:00~16:00
会場:京都大学人文科学研究所本館4階大会議室
講演者:君島東彦(立命館大学教授(憲法、日本平和学会会長))
参加費:無料(会場で有志のカンパを募ります)・申込不要
Facebook:https://www.facebook.com/events/2078863255679559/

日本国憲法の施行から70年。安倍首相は戦争放棄と戦力不保持をうたった憲法9条について、1項2項は残しながら、自衛隊の意義と役割を書き込む改憲案を秋の臨時国会にも提出するとの考えを打ち出しています。戦争する「普通の国」への道をひた走る安倍政権に、どう対抗するのか。9条が持つ普遍的な平和主義の原理から考えたいと思います。

本当は怖い自民党改憲草案(法律文化社)


本当は怖い自民党改憲草案」が法律文化社より出版されます。「安保法制反対集会」「ひろば 日本国憲法と平和主義―著者が語る『憲法9条の思想水脈』」「2016年の論点」…とさまざまな場でご登壇いただいた山室信一先生が第1章「ナショナリズム」、自由と平和のための京大有志の会からは発起人の藤原辰史が第2章「戦争」を執筆しております。ぜひ、ご一読ください。

もしも改憲が実現したら!?戦争・精神的自由など7つのテーマにつき、未来の日本をシミュレーション。コラムとオピニオンも収録。

本当は怖い自民党改憲草案
  • はじめに 伊地知紀子(大阪市立大学)
  • 第1章 ナショナリズム 山室信一(京都大学)
  • 第2章 戦争 藤原辰史(京都大学)
  • 第3章 表現・思想・信仰 中村一成(フリージャーナリスト)
  • 第4章 教 育 西垣順子(大阪市立大学)
  • 第5章 家族 弘川欣絵(弁護士)
  • 第6章 福祉 西澤晃彦(神戸大学)
  • 第7章 国政 石川康宏(神戸女学院大学)
  • あとがき 新ヶ江章友(大阪市立大学)

*コラム「もしも、憲法がかわったら……」

  1. 内田樹(神戸女学院大学)
  2. 香山リカ(立教大学)
  3. その他補足コラム

安全保障関連法案に反対する関西圏大学・有志の会「本当は怖い自民党改憲草案」出版記念講演会


7月17日(月・祝)17:30~(開場:16:30)、神戸女学院大学文学館28号(L28)にて、「本当は怖い自民党改憲草案」出版記念講演会が開催されます。自由と平和のための京大有志の会も共催団体として参加しています。ぜひ、お越しください。

第210回平和友の会学習「第1次世界大戦についてその世界的意義を考える」

日時:7月17日(月・祝)17:30~(開場:16:30)
会場:神戸女学院大学文学館28号(L28)
講演者:石川康宏(神戸女学院大学)、弘川欣絵(弁護士・ママの会)、伊地知紀子(大阪市立大学)
ナビゲーター:新ヶ江章友(大阪市立大学)、塩田潤(関西市民連合)
参加費:無料

2017年7月中旬に、法律文化社より出版予定。当日会場でも特別価格1800円(定価2160円の2割引)で販売いたします。

憲法を変えるということは、私たちの今までの生き方を変えるということ。本著の執筆者とともに、憲法改正後の日本の未来について考えます。